*

HOME > 会社案内

はじめに

はじめに

廃棄物を資源に換え、地球環境に貢献する

エコ・エナジー・ジャパンは、日本環境グループで廃棄物処理のノウハウを持つ株式会社中嶋工業と総合商社との合弁で2003年12月に設立。許認可の取得を待って、2006年8月にプラントの試運転を開始。その後、焼却・売電リサイクルプラントとして本格的な稼動を開始しました。

産業廃棄物を処理するシステムを構築・運営することは、日本の産業活動を鈍化させないためにも重要で、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」などの環境関連の法律が相次ぎ改正・施行され、処理業者もコンプライアンスを強化しています。もちろんエコ・エナジー・ジャパンも例外ではなく、かつてのダイオキシン問題などが発生しないよう万全な対策を施した設備と、その管理体制を強化し、日々努力をしています。

私たちエコ・エナジー・ジャパンは、廃棄物を単に焼却処分するだけでなく、発生する熱を利用して発電を行い、その余剰電力を売る。つまり廃棄物を有効な資源に換えることで、廃棄物処理と発電の両面から地球環境対策に貢献しています。

このページの先頭へ

  • お問い合わせ
  • サイトマップ

Copyright© 2012 Eco Energy Japan Corporation, All rights reserved.